« 亀田兄弟 大毅の処分は? | トップページ | 嫌われる朝青龍 »

松山ケンイチ 天才探偵・Lからカリスマボーカル・クラウザーに変身

俳優、松山ケンイチ(23)が主演映画「デトロイト・メタル・シティ」

(李闘士男監督、今夏東宝系 公開)でド派手メークを施し、

過激ロッカーに変身した“笑撃”写真が10日、サンケイスポーツに

初公開された。松山は、ヘヴィメタバンドのカリスマボーカリストがメークを

落とすと純朴な青年 に戻る“1人2役”に挑戦。そのギャップが見どころだ。

共演にはロバートの秋山竜次(29)、 女優の松雪泰子(35)らが決定。

松ケンバンドが始動だ!

「デスノート」シリーズで見せた白塗りメークの天才探偵・Lから、

松ケンがパワーアップ。 今作では、米ハードロックバンド、キッスも

ビックリの強烈メークを施したカリスマボーカル・クラウザーに変身だ!!

原作は、「デトロイト・ロック・シティ」のヒットで知られるキッスをモデルにした

若杉公徳氏の 人気ギャグ漫画(隔週誌「ヤングアニマル」に連載中)。

松ケンは、甘い渋谷系ポップスが 好きなのに、敏腕女社長の手によって

ヘヴィメタバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)の ギター兼ボーカル

として活躍させられる純朴青年・根岸の悲哀を演じる。

今月8日にクランクイン。松ケンはその数日前に都内のスタジオで、

約1時間かけて特殊メークと 金髪カツラでクラウザーに変身し、

ポスター撮影に臨んだ。原作漫画に登場し、劇中歌として メロディーを

つけたヘヴィメタ曲「SATSUGAI」をBGMに、カメラのシャッターに合わせて

絶叫顔を 披露した。

続いてマッシュルームカットのカツラをかぶり根岸になりきると、

同じく原作から制作された曲 「甘い恋人」に合わせて腰をクネクネ。

何にでも変身できる“カメレオン俳優”の本領発揮に、 スタッフは思わず

大爆笑したという。

松ケンは「クラウザーさんになってみて、すべてのものを破壊しようかなって

思えるようになりました」 と早くも役をつかんだ様子。



人気ブランド・新作ジャケット特集
新作パーカー特集
人気のスニーカー専門ショップ
人気ブランド(ジーンズ)特集
 

|

« 亀田兄弟 大毅の処分は? | トップページ | 嫌われる朝青龍 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008008/11182414

この記事へのトラックバック一覧です: 松山ケンイチ 天才探偵・Lからカリスマボーカル・クラウザーに変身:

« 亀田兄弟 大毅の処分は? | トップページ | 嫌われる朝青龍 »