« 武田鉄矢 口は災いのもと、失われた信頼 | トップページ | 映画「靖国 YASUKUNI」は上映中止か? »

中国軍の武力により消滅してゆくチベット

ヒマラヤ山脈の北側に広がる、平均海抜4,500mの
チベット高原にラサを都とする『チベット』という国がありました。
しかしながら1949年『中華人民共和国』が出来ました。
そしてその国の指導者『毛沢東』率いる
チベットは消滅してゆくのです。
1959年、チベットの指導者であるダライ・ラマ14世はインドに亡命。
北インドのダラムサラに亡命政府を樹立したのです。
一方、15万人余りのチベット人が亡命し、今もインドやネパールの
難民居留地で暮らしています。
そして今も残っているチベット人たちは、思想信条を理由に
投獄されたり、刑務所で拷問されたり、マトモな裁判もなしに
死刑にされたりしているのです。
そして高原の美しい国チベットは、乱獲、乱伐、乱開発で
自然が破壊されました。
核兵器を作り、核廃棄物の捨て場にしている疑いもあります。
さらにはチベット人たちには信仰の自由がありません
 ダライ・ラマ法王を批判しない僧侶は寺院から追放されます。
一方、中国政府が勝手に高僧を任命して、信仰を強制しています。
こういった状況に置かれても、ほとんどのチベット人たちは
ダライ・ラマ法王の教えを守り“非暴力”を貫いています。
虐殺が今も尚弱い立場のチベット人に対して行われているのです。
こんな事をしている中国という国にオリンピックを開催する資格が
はたしてあるのでしょうか?
そしてその事に対して各国ではデモが起こっているのです。
さて日本ではどうでしょうか?きっとデモはあるでしょう。
しかしながらどれだけの日本人がこの悲惨な現実を
知っているのでしょうか?

(STUSSY)ファッション小物一覧
2008年人気のサンダル特集
新作パーカー特集

|

« 武田鉄矢 口は災いのもと、失われた信頼 | トップページ | 映画「靖国 YASUKUNI」は上映中止か? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008008/20092481

この記事へのトラックバック一覧です: 中国軍の武力により消滅してゆくチベット:

» Sirkusその後、4月10日ダライ・ラマ法王来日!(アイスランド国民も猊下を応援) [ICELANDia レーベルブログ]
 いつも ICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。今日のお題は「Sirkus、その後どうなった?」です。  Sirkusというのはレイキャヴィク内で最もアーティストやミュージシャンなどに人気があったバーで、ビョークも、シガーロスも、ムームも常連でした。そこが取り壊されるというので・・・という話はこちらのブログで読んでくださいね。  さ〜て、取り壊しか、移転保存かで揺れているSirkusの建物。その後どうなったのかと現地在住の知り合いに尋ねたところ、いろいろな情報を... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 12時59分

« 武田鉄矢 口は災いのもと、失われた信頼 | トップページ | 映画「靖国 YASUKUNI」は上映中止か? »